目隠しと暑さ対策を両立する場合はどんな種類の窓フィルムがおすすめ?

TOP >  目隠しと暑さ対策を両立する場合はどんな種類の窓フィルムがおすすめ?

目隠しと暑さ対策を両立する場合はどんな種類の窓フィルムがおすすめ?

目隠しと暑さ対策は両立可能?

以下は一例ですが、家の中が見えないようにして、できれば暑さ対策もしたい。というご要望や質問を受けることがよくあります。

  • 眺望を確保して、周りの目線を遮りたい。できれば暑さも・・・
  • 目線をカットしながらも外は見えるようにしたい
  • 暑さと目線をカットしたいけど、窓ガラスの開放感は残したい

このような場合、2パターンのフィルム施工方法があります。

眺望と暑さ対策を重視して目隠しするならミラーフィルム

ミラーフィルムは、暑さ対策に有効で、平均で2〜3度ほど室内の温度を下げることができます。 ミラーフィルムは言葉の通りミラーのように見える性質で、昼間は中から外は見えて、外から中は見えず目隠しになります。 明るい方から暗い方が見えないという性質ですので、夜は外から室内が見えてしまいます。 「夜間はカーテンをするから問題ないよ」という方はミラーフィルムがおすすめです。

目隠し対策を重視するならすりガラス調のフィルム

すりガラス調のフィルムになります。眺望はなくなってしまいますが、すりガラスのようなイメージで、室内に光を通すとともに、白色に近いので室内の光を反射させ、明るい空間を担保することができます。 また、直射日光が室内に入らないようになりますので、暑さ対策にもなります。遮熱フィルムやミラーフィルムに比べると効果は薄いですが、フィルムあり・無しでは確かな差が出ます。

その他の対策

窓ガラスフィルム以外で対応する場合、家の中から外が見えるという前提条件での対策が難しくなります。プライバシー対策としては、ロールカーテンやカーテンの設置などがあります。

耐用年数だけで考えると窓ガラスの交換になりますが、費用が高く、見送る方がほとんどです。

窓ガラスフィルムは、コスト、耐用年数、理想の実現に近い選択肢になりますので、ぜひお気軽にご相談ください。ご相談頂いて発注しなくても大丈夫ですので、ぜひお気軽にお声がけ頂ければと思います。

LINE@簡単見積もり

最短5分!無料で気軽に見積もり

見積もりする