透明な窓ガラス紫外線カットフィルムで日焼けを完全に防げるのかをプロが解説

TOP >  透明な窓ガラス紫外線カットフィルムで日焼けを完全に防げるのかをプロが解説

透明な窓ガラス紫外線カットフィルムで日焼けを完全に防げるのかをプロが解説

紫外線カットフィルムは、紫外線を99%以上カットします。 どのメーカーのフィルムでも、紫外線カットという文言があれば、99%カットだと思って良いでしょう。 例外があるかもしれませんので、念の為スペックは確認した方が良いです。

それでは、本題に入りますが、 「透明な窓ガラス紫外線カットフィルムで日焼けを完全に防げるのか」 という質問をよくお客様から頂きますので、解説していきたいと思います。

紫外線カットフィルムは日焼けを完全に防げるのか

結論から申し上げますと、日焼けを大幅に軽減することはできても、完全には防ぐことはできません。

日焼けの原因は紫外線だけではない

太陽から放たれる紫外線はUV-AやUV-Bという分類がされており、上の図にあるように他の波長の可視光線や赤外線などの波もあります。 紫外線が最もパワフルで、日焼けの原因になるのですが、紫外線の波長は皮膚や物の表面を炙るように焼く波長になります。 一方、赤外線や可視光線などは、穏やかな波長ですが、ジリジリと奥まで焼くようなイメージになります。

紫外線カットフィルムの効果は結局どれくらい?

紫外線カットフィルムはUV-A、UV-Bという紫外線を99%以上カットするもので、 日焼け止めクリームのSPF50+(一番強いもの)と同じカット数値です。 通常のガラスは紫外線をほとんどカットしませんので、 窓ガラスに紫外線カットフィルムを施工することで、大きな成果が出ます。 日焼け止めあり、日焼け止め無し、この認識で受け止めて頂いて間違いないです。

紫外線カットフィルムを施工したお客様の声

紫外線カットフィルムは、無色透明ですので、今ある窓ガラスに施工しても見た目が変わりません。 見た目はそのままなのに、お客様からは喜びのお声を頂いております。実際のお客様の声を一部ご紹介します。

  • 「紫外線アレルギーでカーテンを閉めっぱなしにしていたが、紫外線カットフィルムを施工してからは窓ガラスを開けられるようになった。」
  • 「西日で畳や家具が変色していたが、紫外線カットフィルムを施工してからは、かなり軽減された」
  • 「紫外線が体に悪いということで、精神的に少しストレスがあったが、紫外線カットフィルムを施工してからはそのストレスから解放された」

LINE@簡単見積もり

最短5分!無料で気軽に見積もり

見積もりする
お問い合わせ