窓ガラスフィルムの耐用年数ってどれくらい?経年劣化 交換時期 貼り替えの目安は?

TOP >  窓ガラスフィルムの耐用年数ってどれくらい?経年劣化 交換時期 貼り替えの目安は?

窓ガラスフィルムの耐用年数ってどれくらい?経年劣化 交換時期 貼り替えの目安は?

窓ガラスフィルムを施工する上で、耐用年数はフィルムのスペックと併せて確認しておきたい重要な数字です。また、フィルムを貼り替えするタイミングもわかりづらいものがあります。

耐用年数・経年劣化・交換時期などの質問をよく受けますので、まとめ記事として投稿させて頂きます。

窓ガラスフィルムの耐用年数

窓ガラスフィルムの施工を部屋の外側・内側どちらに行なっているかで耐用年数は大きく変わってきます。外側に施工されたフィルムは雨風にさらされますので、耐用年数が短くなります。

室内側に貼っている場合:約10年

外側に貼っている場合:約5年

窓ガラスフィルムの経年劣化確認方法

窓ガラスフィルムは劣化が進むと、フィルムと窓ガラスを接着しているノリが剥がれてきます。窓とフィルムが分離したり、水ぶくれのようなものができたりします。

少しわかりにくいですが、上の写真は15年ほど使用した防犯フィルムです。紫外線でノリが劣化し、気泡のようなものがたくさん出てきています。

窓ガラスフィルムの剥離

窓ガラスフィルムを自分で剥がすことはできますか?というご質問もよく頂きますので、ここで併せてご紹介させて頂きます

結論から申し上げますと、自分で剥がすことはできるが、可能であれば業者に依頼するした方が良いという見解です。 窓フィルムの剥離は、フィルムの種類やノリの状態によっては、なかなか剥がれず力仕事になったり、フィルムを剥がしてから、窓ガラスにノリが残ってしまい、ノリが取れない、フィルムを剥離するときに力加減がわからずガラスを割ってしまったなど、慣れない作業の上で、様々なトラブルが考えられます。

自信が無い方は建築用窓フィルムを専門に取り扱う業者に依頼するようにしましょう。

LINE@簡単見積もり

最短5分!無料で気軽に見積もり

見積もりする